考えても、思い出しても、現実が変わらない場合は、思考停止してみるとよいよ

高校で悪いことをして示談金を両親に払わせてしまったこと、大学を中退してしまったこと、会社をやめてしまったこと、紹介してもらった会社をクビになったこと、会社をクビになってからフリーランスをやってると周りには言ってるけど殆ど仕事ができてないこと。
後悔が頭の中でぐるぐる回って出ていってくれない

考えても無駄なことは、考えない

この路線がいいと思うんだけど、そういう方向に努力できるのなら、努力してみればよいかと思う。

一種の開き直りにちかいんだけど、そこまでいかなくても、すべての問題点を保留して、そのことについては思考を止めることです。


高校で悪いことをしなければ、大学や社会に出て悪いことをして、示談金とかですまないことになっていたかもしれない

大学を中退しなかったら、ノイローゼになってしかったかもしれない

会社をクビにならなければ、過労死したかもしれない

そういうこともあるでしょう

そんなことはあり得ないと思うのは思い込み。


というか、ちょっとぐらい頑張っても(抵抗しても)、結果がでるのがすこし遅くなる程度なことが多いわけですから、そんなに気に病んでも、後悔してもしかたがないと個人的には思う。


考えても無駄なことは、考えない

精神的、肉体的に追い詰められるだけで、何も生まないから。

現状で、たとえば生活は親に依存しながらでもできるというのなら、その状態でしばらく過ごせばよいだけなんですよ。

後悔しても、反省しても、別に現実は変わらないから、そういうことも一時保留する。

病院に駆け込めばよい?!

うーん、そういう状態までいくと、これまた大変だと思う。

風邪薬は、服用して1週間程度で治ったりするけど、

心の風邪は、うまくいって、半年とかで、なんとか普通に戻れたかな?とかが多いようです。

現状、睡眠障害が出てるのなら、医者に相談して、睡眠導入剤とか処方してもらうのもよいのかもしれないと思う。

睡眠を十分とらないと、疲労が蓄積されていく。睡眠障害出ていて、抑うつ状態があるのなら、気を付けたほうがよいと思う。こういう段階になると、考え方をかえるとか、思考停止するとかそういう小手先の手段が利かなくなると思う。


実は昔は、同じ感じだったけど・・・

実は昔は、同じ感じだったけど、今はこんな感じだよと励ましてくれる人もいるとはおもうけど、
まあ、当たり前の話なんだけど、
昔も今も似たような感じなんだけど、なんとなく生きてるよという人もいるということ。

あまり救いなんてないんだけど、まあ、心理的ストレスを軽減するには、あきらめみたいなものが必要かも。

過去の失敗でこうなったと考えても、それを仕方がないねとおもえるかどうかなんです。
でもって、今後も不幸が続くかもしれないけど、まあ、なんとかなるかもと、根拠ない自信というかあきらめをもつしかないかと。

「後悔が頭の中でぐるぐる回って出ていってくれない」のは、つらすぎる状態であるのは事実。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。