社会のための「道徳」と個人のための「道徳」

と嫌らしく「自分の権利ばかりを主張する」小学生が出てきます。なんかどこぞの議員のブログにでも出てきそうなキャラですね。さらに健一くんは社会科見学で国会議事堂に行き、「(国会議員の人たちは、大事なことを衆議院、参議院の二か所で順番によく話し合って決めている。議員の人たちは、様々なことを調べ、考えて、国のきまりを作っているんだ。)」と考えています。うちの子どもがこの教材を読まされたら国会中継を見せてやるぜ。
誰の道徳? - Imaginary Lines


同じ道徳教育でも、それが「社会のため」なのか「個人のため」なのかをある程度分けて考えるべきかと思う。

権力者や資本家階級に、道徳心があまりない謎

道徳というのが、
管理するとか
便利に使うとか

そういうことに、昔から利用されてきたからのような・・・。

明治より前も、そうだとおもうけど。

道徳心がないから

犯罪が多いのは、道徳心がないから
世の中が悪いのは、道徳心がないから

つまり、そういうこと(^^;

社会のための「道徳心」

権力者や資本家階級に都合のよい、道徳がセレクトされる。

低賃金で勤勉に働くのは、素晴らしいこと
国家に貢献するのは、素晴らしいこと

でも、困った人を助けるのには、税金を使うのは、悪いこと(汗)。

そんな感じ。

社会に迷惑をかけてはいけないとか、そういう感じ。

道徳心を強く主張する人たち

道徳心を強く主張する人たちは、
自身の道徳心なんて関係なくて、

他人がいかに道徳心を持っているかにしか興味ないと思うよ。

まあ、関心だけでなくて
強制的に持たせたい、洗脳してでも持たせたいと思ってるかもしれないけど・・。

権利と義務の関係にも似ている

義務 = 社会のための「道徳」
権利 = 個人のための「道徳」

これ、他人が権利を主張するのは許せないが
自身の権利は最大限に守るという感じかも。

要は、他人には義務を果たさせることにより、自身の権利を守ろうとこう路線ですな。

他人の何かを守ろうとは思っていない。



感動話を利用して、道徳教育するところで、問題あるとは個人的には思う。
しかし、手段の善しあしは別にして、その方法が道徳教育?(洗脳?)としては、有効すぎると思う。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。