「ダメな人間」から抜け出す糸口5個

1.誰かに、あなたは本当は「ダメ人間」じゃないとと言ってもらいたい気持ちを捨てる
2.過去の栄光話は、捨てる
3.こういう条件を満たせば、出来たのにという考えは捨てる
4.過去を振り返るのは反省をするためであって、後悔するためでないと認識する
5.悟ったことをいうのは、やめる
適当にでっちあげると、こういう感じ。


・・・・

周りの人々は数字を出すと自分の成績が上がると喜んでいましたが、
私にはその喜びよりも、お客様に対しての申し訳なさでいっぱいでした。

「会ったばかりの名前も知らない他人なんだから」
と割り切ることができたら良かったのでしょうが、どうしても割りきって仕事に励むことができませんでした。
「ダメな人間」に自分がなってしまったことが悔しいです

営業が能力的にはできても、考え方が営業向きでないだけ。
恋愛をゲーム感覚で楽しめる人と、恋愛は人間同士の誠意によって成り立つと考える人とは、根底に流れる考えが違い、営業は通常は前者。

営業マンの「お客様の為」というのは、カスタマーサポートの「お客様の為」とは別もんだということ。


ここまでの自分を振り返ると、ただの甘ったれのゆとりなんだろうな、と実感しています。
「ダメな人間」に自分がなってしまったことが悔しいです

・どうしてもやりたくないこと
・妥協すればできること

この2つを整理して、今度は、「どうしてもやりたくないこと」を仕事に選ばない様にすればよいかとか、なんらかの解決方法はあると思う。

「甘ったれてゆとり」でも会社で仕事してる人なんて、ゴロゴロいますよ。僕もどっちかというとその一人。


自分自身のダメさに嫌になり、愚痴を長々と吐かせて頂きました。
「ダメな人間」に自分がなってしまったことが悔しいです

なにがダメなのかいまひとつわからないけど?

・会社を辞めたこと?
・仕事だと割り切れなかったこと?
・自信を失ったこと?

そもそも、ダメな人間で、なにか問題があるんでしょうか?

だって、「ただ、お客様にとって不要であろうという製品を無理やり笑顔で押していくことの罪悪感に勝てませんでした。」ということで、仕事をやめる選択をしたわけですよね?

自身の意思でやめたのに、どのあたりがダメで問題があるのでしょうか?

ダメな大人が、説教しだす・・・

僕もそのひとりかも。

ダメな大人って、たいてい、現実はこうだから、そういうのを受け入れて、こうなりなさいっていう説教をするんです。
でも、そんな話は真に受けずに、話半分で聞いていればよいんです。

「ダメな人間」だと思いこむ人ほど、真面目な人が多い気もします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。