プログラマーは、コードでなくて、何に責任(プライド)を持つべきか?

何がどうしてこうなったっていう感じなんだけど、上にあげたコードは本当に一部分で全体的に見ても改悪されまくっている。もしかしたら、もしかしたら、改悪じゃないのかもしれないけど、僕の価値基準で言えば圧倒的改悪だった。


安くて「人月」を確保しやすい国のプログラマ大量に採用して、見た目だけは人間が足りているように見せかけたプロジェクトで、くそみたいなコードを見るのは慣れていた。だけど、自分のコードを上書きされて改悪されるとは思わなかった。そして、そんなの見たくなかった。

本気でつらい。
コードレイプされて本気でプログラマ辞めようかって脳裏をよぎった - (define -ayalog '())

たとえば、「糞みたいなコードで書かれているので、マトモなコードに書き直しておきました」ということもあるんですが、これもたいていNGだったりだったりするんですね。この話は、「キレイなコードで書かれているのを、くそコードに書き換えた」と捉えるべきではないと個人的には思います。

・書いたコードには、責任を持たないとダメ
・書き換えられたコードは、そのコードを書いた人が責任を持つべき

たぶん、仕事上の原則はこうだと思うんです。

糞みたいなコードでも、他人に無碍(むげ)に書き換えられたら、つらいと思う

自身が書いたコードにこだわるがある人は、たぶんそういう傾向にあるかと思う。

コードにこだわりがあっても、良いように改変されたら違うという人もいるとは思うけど、それは単に自身で納得できる条件を満たしてるだけの話だと思う。

まあ、どんなコードでも、自身が書いたコードを、意味なく書き換えられるのは不快に感じがちだと思う。僕も不快に感じるけど、1銭にもならないことにはこだわらないことにしてるだけ。

そもそも、自分のコードだけキレイだったら全体が汚くても問題ないというのも、ある意味妥協しているというか、妥協してきた結果だとは思う。

「つらい」「悲しい」という意味でのコードレイプというのは、その通りだと僕は思う。ただ、不当、暴力的(レイプ)かどうかは別物として扱ったほうがよいと思うし、この2つの視点のどちらの立場に立つかによって、コメントも変わってくると思うんですね。

書き換えられないように対策していないという批判もある意味正しい

なぜ書き換えられたかもわからない、修正が容易?に加えられるというのが、どうも個人的には不思議な感じがする。


コードに誇りを持つ人間よりも、コードに責任を持ってくれる人のほうが・・・

誇りと責任が一致する人もいるんだけど、そうでない人たちの意外と多いので、責任あるプログラマーを採用したい人たちは注意したほうがよいと思う。

誇りを持ってるがゆえに、自身が納得しないと修正させてくれないつわものもいます。その場合は、仕方がないので、その人と関係ないところで迂回路とか作って対応するという、なんかそれでいいのかな?という路線で解決されることもあります。

個人的には、コードをこだわる人とは一緒に仕事したくないなと思う人は意外と多いと思うんですね。「こうであるべき」という意識が強くて、融通が利きにくいので・・・。


予算がないので、糞みたいなコードになる

それも一つのビジネスの形ではないでしょうか?

100円ショップの品物が、1000円の品物と変わらないなんてことは、そうそうあっては困るわけですから。

職人技のものと、工業製品を比較するのも、ちょっと違うなというのもわかるでしょう?

工業製品でも、職人技は存在するとかいうのは、屁理屈(汗)。


日本?では、プログラマーと自負があるほど、不幸になる感じ・・

日本だけでなくて、海外でも同じだと思うんだけど・・・。
たぶん、プログラマーだけでなくて、どの業界でもそういう話は、実は「よくある」ということを忘れがちな気もする。


■プログラム好きという人の不幸
プログラミングが好きな少年が幸せになれる会社は日本にはないと思え
IT業界で生き残るためには、技術よりも体力が必要?!

■プログラム得意という人の不幸
キレイなコードが良いというエンジニアは迷惑千万!?
プログラミングが得意ですはEXCELが得意ですという事務員と同程度

■プログラマーの立場がきちんと扱われていないという人の不幸
立場の違いによる確執はどの業界にもある
WEBデザイナーとプログラマーはどちらがよさそうか?

■プログラマーの報酬が安いと思う人の不幸
クリエイターは、もともと利益配分が少ないことが多い
無能なプログラマでも、ある程度の給料をもらえる戦略を考えるべきだと思う |

■プログラムの勉強についての不幸
プログラミングの勉強の仕方について 【相談する相手は、選んだほうがよい】
優秀なプログラマーは、教科書のお手本のようなコードを書く


こういう感じの記事を書くたびに、反感を抱かれてる感じでもあるのですが・・・・。
特に現実を知っている人たちに・・・。
たぶん、現実を変えていくべきだとか、努力がたりないとか、プロ意識がたりないとか、能力が足りないだけだとか、いろんな理由をつけて、「間違ったことを言っている」「現場を知らない」とか(たまに)言われてるようなんですけどね。

ネットで流れてるような「憧れるような論理」は、1%の恵まれた人だけに許された論理だと思う。

暗い地下牢に閉じ込められて、プログラムを組まされているなんて都市伝説だと就職活動のセミナーの時に説明を受けたけど、TVで出てくるような快適な環境で開発している現場なんてほとんどないという現実を目にした後には、ホントウに都市伝説だったのだろうかと。

デスマーチで、日の光に浴びてない毎日とか、冬場ならざらにありそうな・・・(^^;

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。