高学歴には媚びずに、低学歴には礼節をもつ

「感性が面白いよねー。」

「一緒に話していて楽しい。」

「色々勉強してるよねー、教えて教えて」

的な雰囲気になってる。

そしてこっちは気分がよくなる。

高学歴の人は、めっちゃヨイショしてくれる。

(だがしかし、その一方で高学歴と話すと学歴コンプも発動する葛藤)


「考え方が甘い」

「親に大学入れてもらったんだからさー(ぶつぶつ)」

「面白い顔してるよな」

「あー、なんか意味わかんないwオタク?」

「わかるよ、ラクしたい気持ち。生きるのってつらいよね」

こんな感じになる。

こちらもサンプルは10人。

なんか、話しているとネガティブモードになる。

高学歴には褒められて、低学歴には貶される。 - 体調わる子の毒吐きブログ

単に、相手が不快感を感じるかどうかによって、態度が変化するだけなのでは?と思う。

高学歴の人からみれば、バカが何か言ってるとおもえば、スルーするだけで、別にあれこれ言わずに、適当に流しておけばよいのだから。

まあ、そう考えるのは、僕の心がねじ曲がってるからというのはあるかもしれない。

恵まれた人が、心が広いように思うだけで、実際にはわからないことも多いと思う。

「感性が面白いよね」というのは、かなり究極のどうでもよい言葉のような気が、僕の経験上するけど、それをほめ言葉と思えるのは、性格がよいからだと思う。


高学歴には媚びずに、低学歴には礼節をもつ

キャラクタにもよるけど、現実世界ではこういう態度をとっていれば、低学歴の人から、ヨイショしてもらえることも多いし、気持ちよく接してくれることも多いと思うけどね。

まあ、単なる僕の個人体験だからどうだかわからないけど。

まあ、ほめ方(ヨイショの仕方)にはそれぞれ特徴があっるけど、まあ、頑張ってヨイショしてくれてるのだなというのは、その内容でなくて雰囲気や表情などでわかるべきだから、気持ちを大事にすべきじゃないかな?と思う。

鏡的な要素もあることもある

そうでないこともあるので、一般論化は危険なんだけど、

こんなひどい目にあった、こんなひどいこと言われたとかいう場合は、気を付けたほうがよいかも。

もしかして、自身が、ひどい人間だということを、自身で宣伝してるかもしれないから。

高学歴には冷たさが、低学歴には暖かさが

まあ、インテリの言葉って、暖かさがたりないなと僕個人は思う。

実際にはそうでもないんだけど、言葉から受けるイメージと、合理的すぎるとかそういう部分もあって、どうしてもそう感じてしまうと思う。

暖かさというのは、矛盾を抱えた発言が醸し出す、人間らしさなのかもしれない。

別に高学歴でも低学歴でもあまり関係なく、人間的にひどい人はそれなりにいるし、まあ気が合わない人も僕にはたくさんいる。


低学歴には礼節をもつ

こういう態度で、逆に反感をかって、バッシングに合うこともあるので、それは自身のキャラクターと相談してください。

ヨイショと同じく、礼節も表面上の態度や言葉だけでなくて、もっと奥深いところで判断する人が多いので、演技?だなとか思われたら終わりだと思う。

誰にでも礼節をもって接するべきだけど、周りがあまり礼節をもって接しない人たちにたいして、そういう態度をとると、貴重価値?が生じるため、同じ行動でも結果が違ったりするだけです。

どんな人にでも、礼節をもった態度で接すれば、多くの人は礼節で答えてくれますよ。まあ、例外はいっぱいあるけど・・・。


高学歴には媚びずに

これも例外いっぱいあるけど、インテリ連中は媚びる人を嫌う人が多い感じなので、下手に媚びないほうが実は好印象なのでは?と思う。

媚びないのと無礼なのは別ですけどね。

高学歴とか関係なく、ヨイショされるのが大好きな人に対しては、そこそこヨイショしてあげればよいかと思う。この場合、媚びたヨイショがダメな場合が多いので、媚びない態度でヨイショしましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。