「記事に無駄な画像を入れるはやめてほしい」と主張する人とは、個人的には付き合いたくない

言ってることは、そう間違ってない気もするんですが、なんかほかの思考ロジックとかもみてみると、どうも僕は個人的には付き合いたくないなと思う人たちが多いなという、意味ない記事ですみません。

書き手の勝手な都合というのも分かるのですが、批判する人たちが書いているブログの多くは、無駄な画像もなくテキストオンリーで素晴らしい感じなのですが、アドセンスが目立つところに品悪く貼りついてるんですね。

広告を付けるにしても、品よくつけるとクリック率がかなり下がりますから、分かるのですが、それって書き手都合なんじゃ?と思いつつ、そういうのはOKなんだなと思うと、微妙な心境になるわけです。

確かに、運営していけるのは、広告収入があるからかもしれないから、最終的には読み手にもメリットがあるという論理も簡単に作れるんです。

でも、記事中に無駄な画像を入れるほうが、品悪い配置の広告と似たような効果を持ってるとしたらどうなんだろう?とかは思うわけです。

無駄を嫌う体質が、どうも肌に合わない

仕事をやっているときにもたまにカチンとくるんだけど、無駄なことをしなくないと主張する人たちのほうが実は、仕事の足を引っ張ってることが多いという矛盾です。理屈が先行で、手を動かさない、また汚れ仕事を極端に嫌うため、結局周りがひどい目にあうという矛盾ですね。


自身の効率化と最適化であって、実は全体のことなんて考えていない

たぶん、付き合いたくない理由は、これだと思う。




根底に流れるのは、PV上がれば、なんでもいいんじゃないの?ってことなのかな

正確には多分、画像大杉ってか、画像記事でないものに無理矢理画像を突っ込んで
クリック率をあげてたのがばれたんだろう。


理由はこれで多分、アイコンを出すために無駄な画像を配信して、
クリック率を上げてランキング入りさせるというあこぎなやり方が他の配信サイトあたりからクレームを受けたんだろう。
実際、クリックして出てくるのは記事と全然関係ない上にチョイスのセンスも悪いフリー画像だったしな。
http://anond.hatelabo.jp/20100804150801

たぶん、逆に、記事に無駄な画像を入れるのはやめてほしい系の記事も、同じ穴のムジナなんじゃないのかな?とか、すっかり人間不信になりつつあります。

昔から指摘されてることを、少し焼き直した記事なんかも、PVを稼ぎやすい傾向にあるようなので・・・。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。