夫婦げんかで男が黙るという現象が、ネットで要求されているスルー力

ブロガーは粘着質な匿名の人と戦わなければならない
匿名では無いユーザーからの粘着質攻撃から身を守るたった一つの方法

夫婦げんかにおいて、男が黙るのは、
自分の方が正しくても、自分の方が不利でも、とりあえず黙ってやり過ごすという処世術

ネットで要求されているスルー力というのはこういうものではないか?と思う。

もちろん、毎回黙ってやり過ごしていたら、そのまま離婚とかにもなることもあるわけで、毎回、黙ってやり過ごせばよいというわけではないのは、夫婦げんかもネットも同じだと思うよ。

毎回、スルーが正しいとは限らない

匿名かどうかは関係ないこともある

一定の抑止力がある程度で、実名でも平気な人たちも少なからずいる。匿名だと敷居が低くて、方法がいろいろあるだけ。

ブログで、粘着に反論されるのも大概だとおもうけどね。

実際に会っても、変化がない場合もある

要は、現実社会と同じで、こいつなら大丈夫と思われたら、止まらないんですよ。

ネタにあつまる人たちも、結局は粘着気質を許容してるかもしれない

俺は違うと思っている人たちの多くも粘着気質

誹謗中傷されて、スルーできる人なんて、そんなにいない。

理不尽な夫婦げんかの対応方法が個人差あるように・・・・

粘着質なネットの相手にもおなじかと思う。

夫婦喧嘩でも正しさが解決に至らないように、ネットもその傾向があるかと思う。

関連記事

不当に感じたら、「だから何?」という言葉を何度も投げかけてみて

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。