Perl使いに嫌味で嫌な奴が多かったから

なぜ国内でPerlが急速に萎んだのか
2005年 Railsの襲来
2007年 JavaScriptブーム
スマホ/ソーシャルゲームバブル
2012年 ビッグデータ/Hadoopブーム
2013年 Pythonの本格的な浸透
http://anond.hatelabo.jp/20130307004741

誰から見て(どの立場からみて)というのはあるが、まあ嫌われる要素が言語仕様とともにそれを使う人たちにもあった気がします。

言語よりも扱いにくいエンジニアが多い言語は、その言語でしかできない場合を除いて、だんだんすたれていく傾向にあるかと思う。

ハッカーなんて、基本的に邪魔な存在なんです。

日本じゃ特にその傾向が高い気が・・・。

Pythonは海外ではかなり前から流行してるが、日本ではそれほどでもないのは、そのあたりもあるのかも。



関連記事

キレイなコードが良いというエンジニアは迷惑千万!?
コードがかける若手SEに依存しないことが目標だから
ハッカーは苦行と屁理屈が大好き

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。