モテる論理の勘違いについて

彼女が居ない友達に、女友達を紹介してみた。すっげーイライラした。


終わったあと説教したら、「短所はあらかじめわかってもらわないと不誠実だと思って」。

なんで付き合うのが前提なんだよ。向こうは考え中なんだよ。

お前は考え中の相手に対して「俺はこんなにダメです!こんなにもダメなんです!」って言い続けたんだよ。
http://anond.hatelabo.jp/20130315113616

たぶん、「ミスマッチ」な人を紹介しただけだと思う。
あと紹介の仕方もあるかと思う。長所アピールよりも、この二人が興味ある話題に誘導したほうが良い時もあるんですね。趣味の話題というやつですね。

頼まれても、ミスマッチしそうな人を紹介するのは、紹介しないよりも悪いことだと思います。

短所をなるべく言わないで、長所アピールすべきだろというのは一見簡単ですぐに実践できるように思いがちですが、そうではありません。それは、その人の性格や人格にかかわる部分に深く根付いているからですね。

行動を変えろといてるつもりだろうけど、性格や人間かわれと言ってるわけです。

男友達や彼氏候補が、多い女性と少ない女性の間には明確な差がありました。もしあなたが後者の人間と自覚するなら、日頃の自分が持つ話題や、相手の話への合いの手の入れ方をよく省みてみるといいでしょう。実は残念ながら後者は圧倒的に「自虐」「愚痴」「ダメ出し」に代表されるようなネガティブ思考の持ち主なのです。
今回は、男性から敬遠されがちな三重苦から脱してポジティブ思考になれる方法をご紹介します!

ネガティブ女は嫌われる!?男性が敬遠する「自虐」「愚痴」「ダメ出し」三重苦 | 女子力アップCafe Googirl

女性側から書かれた記事が上記の様なものだと思う。
しかしね、本当に、ポジティブ女はモテて、ネガティブ女が嫌われるか?ですね。

人間はイメージで物事を認識しがちですので、書いている内容が当然と思われるほど、事実のように錯覚し、またそれを過去の経験などからも自分自身で裏付けし、強化しがちです。

ダメな要素を改善したら、モテるようになるのか?

普通はならないです。減点箇所が減るだけです。減点箇所が減ると、トータル点数が上がるので、モテるようになるとこれまた、イメージで判断してしまいます。

しかし現実は違います。減点箇所は、断る理由を後押しするために使われる要素で直接は評価に影響しません。

合コンとかその手のものは特に、第一印象のフィーリングがすべてです。その時にどうしようかという葛藤がある人もいるわけですが、答えは実は初めから決まってることが多いんです。

就活の面接だと、フィーリングでこいつはちょっとダメだなと思った時でも、周りを説得するために、目に見える欠点を上げる必要があるわけですね。そういう時に便利なのが、マナーとか常識です。

でこの人が、マナーや常識を身に付ければ面接に受かるようになるかというと、ならないでしょうね?本当はほかの部分がダメなんだから。

しかし逆に、マナーとか常識がダメでも、普通に面接にとおる人たちはいっぱいいます。



ただし、イケメンに限る!!

これは、実は、多くの人が第一印象のフィーリングで決めているということを表しています。

イケメンと言っても、相手からみてそう感じるかというてんで、好みの男性かどうか?ということなんですね。

好みの男性なら、大概のことは許せるし、また好みの人だけどと最初の葛藤があっても、相手がネガティブであっても大概は付き合ってみようかな?というところに落ち着くんですね。

長所アピールよりも、趣味などの共通話題がよさそうなのは、相手がどんな欠点があろうとも、話をするのが楽しいと思わせることが多いからです。

このブログ主、明らかにモテないな・・・

ご指摘通りです。

モテることはなんとなくいいことのように思いますが、好みでない人や付き合う気のない人からモテても、それは意味あるのか?という部分がいつもモテる論理には抜けてると思います。

就活などでも、いくら内定が取れても、希望のところから取れないと意味がないことも多いでしょう。内定を取るという目的で、やりたくもない仕事をしなければならない業界とかが穴場だからといって、そこを狙うとかが、本末転倒だとおもうのなら、安易なモテ論理なんてそれに似たようなものだと思います。

もちろん、直せる短所を直すようにはするよ。
でもそれを隠してまでして、自分を売り込んだ末にできたような彼女なんて意味ないんだよ。
http://anond.hatelabo.jp/20130315162204

詐欺師がモテるのは、まず騙しやすい人をターゲットにして、次にその人の心の隙間を埋めるようなことをするからですね。相手が望むものを与えると、モテるということです。

で、重要なのが、「騙しやすい人をターゲット」にです。これ言い方が悪いだけで、フィーリングが合う人というのに置き換えてみれば、ある程度納得できるかと思います。

詐欺師も詐欺師なりに努力してますが、詐欺師という本質を変えようとはしません。だって、詐欺が目的なんですから…。つまり目的を失ってまで、モテても意味ないことが多いということです。

もちろん妥協すべき点はいろいろあるでしょう。しかし、本質の部分で妥協すべきでないのも多くの人が納得することだと思います。

モテる人とモテない人の発想の違い

金持ちと貧乏人の発想の違いに似ている。貧乏人が金持ちの発想をしても金持ちにはなりにくい。

理由は簡単で、金持ちの発想はお金があるから、お金を十二分に使えるからという部分に依存しているからです。貧乏人が真似しようにも、お金がないからできないことばかりなんですね。もちろんお金がなくてもできることもありますが、それは金持ちの発想でなくて、金持ちもやっている発想なわけです。

恋愛などの人間関係論に、正解なんてない

というかさ、女だって自分の弱い所を慰めてもらいたいだろ!
なんかマッチョイズムだよな~。時代錯誤~。

あれだよね、他人の恋愛観に「おかしい!」なんて口出す奴はさ、典型的な日本人だよね。
大勢と違う人間を受け入れられないわけだよ。
http://anond.hatelabo.jp/20130316235641

正しすぎる人と付き合うのは、しんどいと思うくせに、他人には正しさを求めてしまうんですね。正しさは、人間関係論においては、排斥するのには便利なだけだと思う。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。