彼氏や彼女は、たいていは何かの信者だったりする

10以上年上の彼氏からクリスマスにMacBook Airをプレゼントしてもらった。

私は学生で、彼は社会人。お互い独身。彼は典型的なApple信者だ。

そりゃあ彼は傷つくよね。でもなんだか私もプライド傷つけられた気がする。

以前からことあるごとに「Appleの製品ならなんでも買ってあげるよ〜。Air買ってあげようか?」と言っていた。

その度に丁重に断ってきた。大した負担ではないのかもしれないが、そこに彼の私に対する支配心が見えたんだよね。

http://anond.hatelabo.jp/20121230015853

クリスマスプレゼントの返品競争

アレン氏はホリデーシーズンの全売り上げの10~15%が返品ないし交換という形で店に戻ってくると推測している。また同氏は戻された商品のうち70%が返金されるか全く違う商品に交換され、残りの30%がサイズ違いや色違いの商品に交換されると予想している。これはかなりの物流量だ。返品は小売業者のクリスマスの売り上げのうちかなりを占める。ちなみに全米小売業協会(NRF)は今年のホリデーシーズンの売上高が5861億ドル(約49兆6000億円)になると予想している。
http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887324475804578200491065390494.html


ファンと信者に違い

盲目さの程度加減が違います。恋は盲目とはいいますが、それとは性質も程度も全然違うものです。

不便なところを指摘したら、使い方が悪い・それがクールなんだとか、不便な事実を認めないところがファンの盲目さを超えたところにあるといえましょう。

あばたもえくぼと言いますが、当人同士の問題で済めば問題ないですが、恋愛の場合と違って信者の場合は当事者と関係ない人(当事者だけどちょっとずれた部分)を巻き込むのです。

プレゼント

自分が気に入って、相手も気に入るそうなものを送るのが基本では?その結果、相手が気に入らないとしても・・。相手の要望や趣味趣向を無視したものは、プレゼントとは言えないかもしれない。

ブランド物のバックや、換金性の高いプレゼントが好まれるのも、相手の要望を尊重したものでしょう。

換金してお金に換えるとしても、初めから現金で渡すのは、相手の要望に合う部分と合わない部分があるということです。

Apple信者に対するネガティブキャンペーン?!

でも、実際にありがちな感じが・・・。何かの信者は、相手にも同じ趣味趣向を押し付けようとしがちだし、また押し付けるために、自分自身である程度のお金を出してプレゼントするというのもありがちな話だと思う。

Apple製品は悪くないと思うけど

布教活動する信者とかかわるのは面倒かも。たとえ、数万程度のMacBook Airをタダでくれるとしても、後々のことを考えると、自分で買ったほうがマシかもと私なら思う。縁切るのも大変そう・・・。

彼氏や彼女は、たいていは何かの信者だったりする

童貞だとか恋愛経験の豊富さとか関係なく、単に趣味趣向の合わない部分をどうするかという話の気がします。

フィーリングがあうことも重要だけども、どうしても受け入れられない事項が同じであることも結構重要な気がします。端的にいうと、生理的に受け付けられないものが同じであるほど、長い目で見れば楽しく過ごせる可能性が高いということです。

MacBook Airが意外と安い

Windows 8搭載Ultrabookより安い気がする。値段ベースで。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。