Webの開発側にいる人間で変革を望まない人間はどうかと思う

Webの開発側にいる人間でFlash死ね!HTML5最高!と言っている人は正直どうかと思ってます。


Appleなどがflashを排除した理由はオープンとかメモリとか消費電力ではないです。99%以上がオトナの理由です。ブラウザの権利関係や歴史をご存知のかたは、説明しなくてもいいかと思いますが、オトナの理屈でしかないです。知らない人は、おとうさんか、おかあさんに聞いてください。

経験的に、ここ数年、アメリカの大きな会社がオープンだ、オープンだと言っていることは、「普通の」クリエイターが儲からないケースが多いように思います。

http://blogs.bizmakoto.jp/fukuyuki/entry/3811.html

HTML5最高!

多くは勘違いしてるか、なにかの原理主義者であることが多い。
でも、イメージはかなり大切で、クライアントがHTML5を望むのならそうせざるを得ないわけです。


変革を望まない

Webの開発側にいて、これで飯を食っていこうと言うものは、それが意味ある変革であろうとない変革あろうと、それを受け入れない限り飯を食っていけない。また、変革がなくなると、この業界は虚構なので先細りしていく可能性さえある。

普通のクリエータが儲かるようになる時点で、もうそれは売り物として最終段階でもう駄目なものだと考えるぐらいがちょうどよい。この段階で、次の変革を無理やりにでもでっち上げないと駄目なのです。こっちも、実は大人の事情。

従来のほうが優れているとかいう理屈さえも、その変革の前では無意味なんです。優れているから次の変革が出てきたわけではないのです。


HTMLもFlashも最初はゴミだった

HTMLもFlashも最初はゴミだたわけですが、多くの人が使い出し、それがゴミだと指摘する人たちがいたとしても使い続けた人が多かったからこそ、ここまで来たわけです。

FlashもWEBのリッチクライアントしてはまだまだ問題があるわけですが、そういう問題がある場所にはFlashは使われてこなかっただけなのです。Flashは、その適応場所をうまく見つけて生き残りに成功しただけなのです。


資本主義パラダイム

変革がない限り、衰退するのです。変革が起こせないときは、事件でも何でもよいわけです。それは戦争であってもかまいません。

2大政党制が比較的アメリカでうまく行っているのは、定期的に逆方向?の変革が起こるので、その政策がよい悪いに関係なく活性化されるだけなのです。


何がよいかは、Webの開発者が決めることではない

一番の問題は、Flash技術者の単価が高いことかもしれない場合は、変革を望む人が多数いるでしょう。実現できるのなら、中の仕組みはどうでもよく、また安いに越したことはありません。Webの開発者が苦労することなんて、関係ないことなのです。

世の中は、大人の事情で動いている限り、冷静な反論でさえ無意味になります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。