結婚しなくて、本当に後悔しないか?

女性が子供を作らないこと。その決意と年齢の関係にはリスクが伴う。
「作れるのに作らない」女性に「子供を作れ作れ」と、周囲がおせっかいを言うのは、そのリスクを知っているからだと思う。

「作れるけれど作らない」人は、作れなくなってから作っておけば良かった、と後悔しないよう色々と、作れるときに準備や調査や保険をかけておいてほしいなぁと思う。
http://anond.hatelabo.jp/20120110163147

男性は、結婚なんていつでもできると思ってはいけません。結婚適齢期を過ぎるとほぼ絶望的だという統計結果も出ています。女性が子供が埋めない年齢は、生物学的な限界であるため納得せざるを得ませんが、男性の結婚は理論上は何歳になってもできるというところが違います。

家庭を持たず、子供も作らず、仕事や趣味一筋に生きるのも悪くないでしょう。男性は何歳になっても子供が作れるといっても、生物的な限界以前に社会的限界があります。20代、30代で初めて子供を持つのと、50代、60代になって初めて子供を持つのとは違うのです。

子供や家庭が持てるというのは条件的には同じように見えますが、その実情はぜんぜん違うものなのです。

「結婚できるのに結婚しない」男性に「結婚しろしろ」と、周囲がおせっかいを言うのは、そのリスクを知っているからだと思います。

「結婚できるけど結婚しない」人は、結婚できなくなってから結婚しておけば良かった、と後悔しないよう色々と、結婚できるときに準備や調査や保険をかけておいてほしいなぁと思う。


それでは、質問です
ここで質問です。
保険って何でしょう? 時間を戻すことはできません。

他人には同じ思いをしてほしくないという親切心は、本当に多くの人を幸せにできるのでしょうか?
また、その親切心は差別や偏見を生み出していないのでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。