アフィリエイト商売の最終目的は、アフィリエイトを卒業することだ

世の中、至るところに仕組みが組み込まれていて、成り立っているわけです。
仕組みに投資しないものは、楽して稼ぐことができないと、ハッキリと言っておきましょう。
http://anond.hatelabo.jp/20110828205638

仕組みに投資する人は、仕組みに投資しなさいという人たちの仕組みに乗せられてるだけなのかもしれませんよ。

人気ブロガーがどこで収益を上げているかを考えたことはありますか?
アフィリエイト収入の人もいますが、アフィリエイト収入に頼ってばかりでなく、本をだしたり講演をしたりしてその窓口を広げていっていますよね。別に、人を雇う必要はないのです。

情報商材というと胡散臭く感じますが、本などを出版できない場合はこういう路線も悪くないでしょう。本と同程度の価格で本と同程度の内容で売ればよいのです。

貴重な情報をうるとなるともったいなく感じますが、アフィリエイト関係のノウハウなんてすぐに賞味期限切れを起こす傾向にあるのでそういうものは旬のうちに売ってしまうのがよいわけです。

情報商材をうって得るのは、お金や利益ではありません。あなたのファンや信者、または共謀者です。

人気ブロガーは人気ブロガー同士で馴れ合いのように支えあってる現状を見ればよくわかるでしょう。
また怪しげな情報商材を売っている輩も同様になれあってお互いに支えあってる現状をみればよくわかるでしょう。

そう、これが仕組みというものなんです。そして仕組みに投資するというのは、一見格安で有効な情報を売ってると見せかけてそういう仕組みを作ることなんです。

仕組みというのは、同じ仕組みを利用している人たちが同様に支えある構造ができるのでその儲けの構図が長続きします。
これは資本主義の原理原則なのかもしれません。

資本家がもうかる仕組みを資本家同士が支えあってる構造があるのです。
引用先の記事の人を雇って自分は楽をするというのも、資本家が作り上げた仕組みです。
ただこの仕組みは、月30万程度しか稼げてない人が使うには無理があります。

またライターを雇ってというのは、もう賞味期限切れです。

サムライファクトリーではライターを募集しています
shinobiライティング
要約すると、「検索して調べるだけで、誰でも書ける記事を書ける人を募集」とのことです。

関連記事
新装版「アフィリエイトで月30万円以上稼ぎたい方向けの見せ方テクニック」
マーケティングの1%の法則 /はてブからくる1アクセスよりも検索からの1アクセス

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。