新装版「アフィリエイトで月30万円以上稼ぎたい方向けの見せ方テクニック」

では、次にアフィリエイトで月30万円以上稼ぐための、
購入意欲をそそる文章の書き方、いや、見せ方を書いていきます。
http://anond.hatelabo.jp/20110828172558

原則1:レイアウトと文字の大きさ
記事の内容に自信のない人は、カラム数は2カラムで記事の幅のほうが広いほうがよいです。
また、記事の長さが比較的短めの人は文字を大きくしてください。
記事の長さが長い人は、どちらにしたほうが良いかは書き方によります。
また行間の大きさも重要な要素ですのでこのあたりも調整してください。
一般的には少し広めがよいです。

原則2:控え目がよい
思いが強すぎると失敗するということです。
控え目がよいわけです。
1画面に見える広告の数などを調整すると逆に効果が上がることもあります。
1画面に1つしか広告が見えないようにすると、それが目立つわけです。
1記事に1広告でなくて、1画面というのがミソ

原則3:楽天メソッド
http://affiliate.rakuten.co.jp/
楽天アフィリエイトで普通に公開されてます。
キャンペーン付きで、その方法でかいたらポイントをもらえるとかの場合も多いです。

ちょっと賞味期限ぎれっぽい感じのものもありますが、儲けてるサイトを分析してるのかどうかわかりませんがそういうサイトの方法論がさりげなく公開されてますので参考にはなります。

結論
試行錯誤で物量作戦がお勧めです。
起業家たちがよくやる手法です。
いろんなことをやって、儲かりそうだと判明した方法に力を入れていくのです。
初めから絞ったりすると、たいていは失敗します。

リサーチができる人は物量作戦はいらないですが、きちんとリサーチできることはまれです。

たいてい、感覚でうまくいきそうとか、頭で考えて上手くいきそうとか、常識で考えて上手くいきそうというのは多くの場合は、うまくいきません。そういうものは、情報商材で売ってしまうネタにしか過ぎないのです。

関連記事
人を雇える段階になったら、アフィリエイトを卒業できる方面に投資するのがよい
マーケティングの1%の法則 /はてブからくる1アクセスよりも検索からの1アクセス

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。