ネットの祭り(晒しあげ)にも仁義があるはず /集団でのいじめの構図

つまりあれだ。最近バカ発見器として名高いtwitterを使って、カンニングだの飲酒運転だのの発言を元に、
イイオトナたちがよってたかって祭り上げ、通報し、大学に連絡し、一人の人間を陥れる。
http://anond.hatelabo.jp/20110823212020

著名人と一般人はまた違うと思います。祭りの行為自体がよいかどうかの是非はともかく、ターゲットにしてもよさそうな相手とダメな相手があるぐらいは、大人の分別としてなければダメなんじゃyなかろうかということです。

悪いことをしたんだから当然だといっても、その悪いことの程度によって受けるべき制裁があると思うわけです。ネットでさらしあげられると、その一般的な常識の範疇をこえるような制裁を行わなくてはいけないということなんです。

あと、そういう感じで人をつかって遊ぶことがよいかは別にして、いじめをするにしても、どこまでにするとかどこまででやめるべきかとかそういうのもあって当然なわけです。自殺に追い込むまでいじめたらさすがにだめでしょう。

犯罪がダメなら、ネットの祭りの多くも社会通念上から見てダメな行為なんです。ダメだからやってはいけないといってもやるでしょう。だからそういうものにも仁義があるべきだという考えが昔からあるわけです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。